【機動戦士ガンダムオンライン】新大規模戦フィールド「キャリフォルニア・ベース」実装

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

機動戦士ガンダムオンライン多人数対戦アクション「機動戦士ガンダムオンライン」において、2013年8月28日にアップデートが実施され、新大規模戦フィールド「キャリフォルニア・ベース」が実装されました。戦術支援として登場するエース機体として、ブルーディスティニー1号機やイフリート改などが登場します。

「キャリフォルニア・ベース」を実装!

「キャリフォルニア・ベース」は、ジオン軍による第2次地球降下作戦によって占領されるまでジャブロー防衛の要となっていた地球連邦軍の軍事拠点です。その後、形勢が逆転した1年戦争末期には、多くのHLVやザンジバルがここから打ち上げられ、ジオン本国へ向けての脱出劇が行われました。
この時、地球連邦軍の「モルモット部隊」と「EXAMシステム」を搭載したブルーディスティニー1号機も参戦し、襲撃してきたイフリート改との交戦が行われた舞台となっております。本フィールドは、全域にわたって移動可能で、市街地やプラントの合間を切り抜けて柔軟なルートをとりながら、敵陣奥深くまで侵攻できるかが重要となります。

■マップの特徴
キャリフォルニアベースは「中央のラインを主戦場に膠着した際に別の本拠点へシフト可能」という事をコンセプトに設計しています。
MAPの中央から南側は都市部と工場施設が立ちはだかっており、遮蔽物が密集したエリアで強襲機による遭遇戦と高所からの狙撃、砲撃戦が想定されます。
いかに障害物を利用し相手の中央拠点付近に潜り込めるかが重要になります。
また、お互いの陣地の手前にある拠点1と5はこの配置の要で、拠点1は北本拠点と中央本拠点、拠点5は中央本拠点と南本拠点へのシフトアタックを仕掛けるための最重要ポイントです。
MAP北側は海となっており水陸機体の活躍の場です。
ただし、他のMAPと比べると海面の透明度は高く、敵に見つからずに進行する事は難しくなっています。
主に水陸機による特攻と戦略兵器などの運搬ルートになる事が想定されますので警戒が必要です。
戦況に応じて中央、南北のルートを切り替え攻防を臨機応変に対応する事が 勝利の鍵を握っています。

■「キャリフォルニア・ベース」の戦術支援として登場するエース機体例
・ブルーディスティニー1号機と搭乗者のユウ・カジマ
・イフリート改と搭乗者のニムバス・シュータゼン
・ザクキャノン(ラビットタイプ)と搭乗者のイアン・グレーデン

「キャリフォルニア・ベース」記念!EXガシャコンイベント第5弾

新フィールド「キャリフォルニア・ベース」の実装を記念いたしまして、2013年8月28日(水)定期メンテナンス終了後から9月11日(水)まで「EXガシャコンイベント第5弾」が実施されます!
イベント期間中は、戦闘報酬から「EXガシャコンチケット」をゲットできる可能性があり、そのチケットだけで引ける「EXガシャコン」を用意。初登場設計図である「ザニー」「指揮官用ザクIIS型」などを手に入れるチャンスです。

■キャンペーン期間
2013年8月28日~2013年9月18日

※「EXガシャコンチケット」を入手できるのは2013年9月11日までとなります。
※9月18日のメンテナンス時に所持している「EXガシャコンチケット」は削除されます。
※開催時間はイベント詳細ページにてご確認ください。

(C)創通・サンライズ

最新記事