【MHF-G】辿異種「ティガレックス」など2月1日のアップデート追加情報!

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

モンスターハンターフロンティアオンライン(MHF)オンラインハンティングアクションゲーム「モンスターハンターフロンティアオンラインG(MHF-G)」で、2月1日のアップデート追加情報として、辿異種「ティガレックス」や辿異種「アクラ・ヴァシム」が公開されました。また、一部武器のバランス調整や新たな辿異スキルも公開されています。

「2017年2月1日アップデート」の追加情報

辿異種“ティガレックス”、辿異種“アクラ・ヴァシム”の情報を公開中!
また、一部武器のバランス調整や、新たな辿異スキルを公開中!

辿異種“ティガレックス”

永き時を経て、その鉤爪をより激烈なものへと姿を変えた轟竜。その凶暴さは尋常ならざる域へと達し、獲物が血を流そうものなら荒れ狂い、血眼になって地の果てまで追い回す。

その眼の前にある全てのものを薙ぎ倒す驚異的な咆哮を上げる。そのまま体を回転しながら、全方位に向けて衝撃波を放つことで見渡す限りの獲物を襲う。

怒りに目を赤く染め、血を流した獲物をどこまでも追う。狩人は見つかったが最後、血に狂った轟竜に素早く飛び掛かられ、無惨なほどに貪り喰われる。

■新たな脅威「出血やられ」
特定の攻撃を受けることで、ハンターは「出血やられ」状態となる。継続的なダメージに加えて、回避行動時に体力が減少するほか、辿異種ティガレックスに狙われやすくなってしまう。

辿異種“アクラ・ヴァシム”

暗がりの中で獲物を確実に捕えるために、より麻痺性の高い結晶化液が精製できるように独自の進化を辿った。その発射口となる尻尾は、振り下ろすだけで地を大きく揺るがす程に重量を増している。

異常なほどに重く鋭く結晶化した尾を振り下ろし、地面を大きく抉る。命からがら逃げ延びたとしても、注がれた結晶液によって生まれた地中の結晶の爆発に巻き込まれるだろう。

砂漠の悪夢として狩人に恐れられる尾晶蠍は、長き進化の中でその執拗さを増している。獲物を押さえつけ、その息の根を止めるまで頑強な鋏で左右交互に殴り続ける。

■新たな脅威「結晶麻痺やられ」
特定の攻撃を受けることで、ハンターは「結晶麻痺やられ」状態となる。結晶化するとともに麻痺状態に陥ったハンターは、やっとの思いで回復したとしても体にしびれが残り、行動を制限されてしまう。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.

最新記事