【天樹下のリベリオンガール】大人数で挑む決戦イベント「時計仕掛けの予告状」開催

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

天樹下のリベリオンガール新感覚RTS「天樹下のリベリオンガール」で、イベント「時計仕掛けの予告状」が開始されました。大人数のユニットを率いてバトルをする新システム「決戦イベント」を使用したイベントです。イベント報酬ユニット「クロック UR遠距離兵」や「シャーロッテ SSR遠距離兵」を獲得しましょう!


以下公式より

イベント「時計仕掛けの予告状」

2017年6月1日(木)よりイベント「時計仕掛けの予告状」を開始致します。

■開催期間
2017年6月1日 (木) 16:00~2017年6月15日 (木) 13:00まで

■新システム「決戦イベント」
「時計仕掛けの予告状」は大人数で挑む新システム決戦イベントを使用しております。

・大部隊編成
大人数ユニットは出陣画面右上にあります。大部隊編成ボタンをクリックして大部隊を編成します。
6ユニット1グループを複数のグループで構成して一つの大きな部隊を編成します。
※複数の同一キャラクターを大部隊内に同時参加させる事はできません。

・グループの人数
1グループは最大6人まで編成する事ができます。
前列3人、後列3人までの構成になります。
出撃を1人のみとする編成を行う事もできます。

・グループの種類
グループは直属と委任の2つの種類に分かれます。

直属:全体指示およびスキル操作が可能です。画面上に赤で表現されます。

委任:目標設定のみが可能。画面上に青で表現されます。戦闘時は「全軍突撃」の思考で動き、スキルを自動で発動します。また、大部隊編成画面にてユニットアイコン右上の「S」ボタンを押す事でスキル使用のON/OFFを設定する事ができます。
※光っている状態がONになります。

・決戦イベント戦闘
決戦イベントでは通常の戦闘と相違点が存在します。

・アイコン表示グループ切り替え
ゲーム中、画面左下のアルファベットをクリックする事で画面下に表示されているユニットアイコンの表示を切り替える事ができます。
また、キーボードのアルファベットのキーを押す事でグループ切り替えを行う事ができます。

・目標設定
決戦イベントでは「目標設定」というグループに対しての指示コマンドがあります。
※各自奮闘コマンドはありません。
目標設定ではグループに対して目標を指定します。ユニットおよび場所を指定する事で指定位置までグループ全体で移動を行います。
アイコン表示グループ切り替えを利用して任意のグループに対して目標の設定をする事ができます。

・ユニット表示
決戦イベントに登場するユニットは兵種アイコンの下に所属グループが表示されます。

■イベント内容
キトゥンに滞在中の王子たち一行。
思い思いの方法で休暇を過ごしていると、王子とアニアはエカテリーナに呼び出される。
なんでも怪盗から予告状が届いたのだという…。
王子たち一行は怪盗クロック、探偵シャーロッテ、わがままエカテリーナに振り回されながらイベントアイテム<青のレクイエム>を集めます。

・イベントアイテム <青のレクイエム>
集めた<青のレクイエム>でSSRシャーロッテなど様々なアイテムをゲットする事ができます。
  
・トレジャーチャンス
イベントステージをクリアするとトレジャーチャンス発生!
URクロックなどイベント登場ユニットを即GET!できるかも!
稀に手に入る<龍の鍵>を使えば、GET率が大幅UP!
※龍の鍵はイベント期間をすぎるとスタミナドリンクに変換されます。

■報酬ユニット
イベントポイント<青のレクイエム>の指定値達成やトレジャーチャンスにて以下のユニットが獲得できます!

・クロック UR遠距離兵
シャーロッテのライバルの怪盗。
シャーロッテに負けてないおバカさんであり予告状を出すが、場所を間違える。
お宝の名前を間違えるなどは日常茶飯事。
間違えた場所になぜか現れるシャーロッテとは切っても切れない腐れ縁。
昼間は花屋さんで働く心優しい女の子。
中時間自身の移動が特大アップ、さらに敵全員の命中を大ダウンの遠距離兵。

・シャーロッテ SSR遠距離兵
キトゥンの街で起こる色んな事件を解決?する探偵稼業の女の子。
本人曰く「名探偵」だが周りから見る限り間違いなく評価は「迷探偵」。
大陸で起きている事件を探し求めて王子に同行することを決意。
怪盗クロックとは正反対の職業ながらも絡むと途端にコントのような展開になることから世間からはセットで迷コンビと、雑にひとまとめにされる事が多い。
中時間、味方全員の移動、命中が大アップの遠距離兵。

Copyright (c) since 1998 DMM All Rights Reserved.

最新記事