【スペシャルフォース2】新マップ「整備工場」をはじめ、新キャラや新武器を実装

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スペシャルフォース2オンラインFPS「スペシャルフォース2」において、2013年6月26日にアップデート「Break or Repair」が実施され、爆破モードの新マップ「整備工場」が実装されました。また、新キャラクター「Heihachiro.S」や、新ショットガン「SAIGA 12 Python」も追加されています。

アップデート「Break or Repair」

破壊工作を阻止せよ!新マップ「整備工場」!

破壊目標が設置してある工場内と、広く長い通路の屋外に分かれている「整備工場」では爆破モードをプレイすることができます。整備工場は爆破地点Aが特徴的なマップで、破壊目標である装甲車両の下に潜り込んでの設置が必要となるため、身動きが取りづらく非常に難易度の高いミッションとなります。
また、マップ全体に遮蔽物による死角が多く存在するため、それらを生かした様々な戦略を組み立てることができるのではないでしょうか。

■「整備工場」バックストーリー
アメリカ・ヨーロッパの連邦は、カザフスタンの政治的な安定と経済の発展状況などを評価したが、急激な民主化は、カザフスタン国内の情勢不安を引き起こす可能性があることを示唆した。また、中央アジアの情勢不安につながり、対テロ戦略に狂いが生じる場合があることを考慮して、アメリカ・ヨーロッパの連邦では、カザフスタンの”段階的な民主化”を支持してきた。
その中、カザフスタンは旧ソ連の影響下にあった時からロシアとの長い関係を持っており、これらの地政学的な安全性を保証するため、1992年にロシアとの間に安全保障条約が調印された。その後、ソ連時代の科学実験場と宇宙基地などの特殊な研究・軍事施設は共同管理体制下に置かれた。
この管理体制はMAFとAUAに力が分かれた現在の大きな問題となっており、MAFは、カザフスタン内部の研究施設や軍事施設を次々と破壊することを決定し、カザフスタンの軍用車両の施設に潜入。破壊工作を敢行するのであった。

ギリースーツの老兵「Heihachiro.S」登場!

数多の戦場を渡り歩いてきた老兵が参戦!「Heihachiro.S」を購入して適用すると、容姿が変更される他、経験値獲得量が50%、SPブースト増加量が30%上昇します。

■「Heihachiro.S」バックストーリー
欧米人と日本人のハーフ。平八郎の祖父「平次」は「村田銃」と呼ばれる猟銃を操る村一番のマタギであった。平八郎は、幼少の頃、村を襲う熊を仕留め村を守る祖父の姿をみて育った。平八郎には父親がいなかったが、父のことは誰からも聞かされなかった。平八郎は父親の代わりに祖父に育てられ、そして自分自身も村を守るマタギとなり、北海道の山奥でひっそりと暮らしていた。
「山は山の神が支配する神聖な場所。」村に不穏な空気が流れはじめたのは、北海道のとある旅館で起こった襲撃事件からである。襲撃事件以降、ロシアは北海道地域まで偵察範囲を広げていた。そんな中、村の近くに熊が出るという話が村人からあり、平八郎は山に向かった。平八郎は山の中で、奇妙な白い服を着た兵士と出会う。その兵士は平八郎の姿に気がつくと、突然銃口を向けてきた。その後、平八郎には理解できない言葉を発し、逃げるように姿を消した。
村にもどると、寝たきりになっている母にそのことを話した。白い兵士、理解できない言葉…。その話を聞くと、母は父親のことを話しだした。母は一度だけロシアに渡ったことがあり、ロシアでとある男と出会い、ロシアからもどった後に平八郎が生まれたということだった。その男と今の自分の姿は、瓜二つなのだということだった。
「自分の父親は誰なのか。」祖父が遺したもう使えなくなった「村田銃」を家に残し、自分の父親の手がかりを求め、平八郎は一人戦地に赴くのだった。

■ギリースーツ
スコットランドの猟場管理人が開発した、ハンターや狙撃手が山間部や草原などの風景に自分の姿を溶けこませ、カモフラージュ効果を発揮するもの。販売されているものもあるが、一般的には戦場でハンター自身が現地の草木や枝などを用いて自作するケースが多い。現地の草木を用いることは、現地の風景や環境にあわせて偽装効果を発揮できる利点もある。日本兵が着用していた雨具である蓑をギリースーツと誤解した例も報告されている。

不可侵なる存在「SAIGA 12 Python」オルゴールボックスより登場!

「SAIGA 12」はボックスマガジンタイプのセミオート式散弾銃です。その他の戦闘用ショットガンに対抗できる強力な武器として注目を浴びています。AK47をベースとして開発された為、高い耐久性・信頼性を誇り、運用面においてもドラグノフ式狙撃銃(SVD)のスコープが取り付け可能な点、ストックの取り外しが容易な点など、柔軟性に富んだ仕様を備えています。
「SAIGA 12 Python」は、オープンドットサイトを搭載したオートマチックショットガンとして登場します。威力の高さもさることながら、ショットガンとは思えない程の連射速度を備えており、至近距離下における瞬間火力は他を圧倒します。また、一括でリロードを行える点から、連続的な戦闘にも比較的対応しやすい武器です。しかし、ショットガンの中では移動速度が低く、得意な距離まで詰めるのに苦労する場面も少なくはありません。

Published by NHN Japan Corp. Copyright (C) Dragonfly GF Co.,Ltd.

最新記事