【Tree of Savior】レベル上限の解放や新シナリオの追加など今後のアップデート情報

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

Tree of SaviorMMORPG「Tree of Savior(ツリーオブセイヴァー)」で、今後のアップデート情報が公開されています。レベル上限の拡張や新しいシナリオの追加、チャレンジモードや新たなダンジョンの追加など盛りだくさん!ほかにも、各種改編・調整や、コンテンツごとの連携見直しなども実施されます。


以下公式サイトより

今後予定されているアップデート内容

皆様から多くのご支援をいただいておりますこと、厚くお礼を申し上げます。
2017年5月31日にダメージ計算式の変更を含む大幅な更新を行いましたが、
それを土台にして今後開発される予定のさまざまな新規コンテンツについてご案内いたします。

レベル上限の拡張と新しいシナリオ

現在330に制限されているキャラクターの最大レベルが360に拡張され、それに伴う新しいメインシナリオクエストとサブクエスト、そしてその舞台となるマップ、モンスター、新規アイテムが追加されます。

女神ライマの残した啓示を追い求める救済者(プレイヤー)はネリンガという謎の人物に出会い、ネリンガは救済者を「バイボラの幻想図書館」へ導きます。

バイボラの幻想図書館は、啓示を探す魔将ウォピュリスと魔族に侵略されています。
救済者はネリンガとともにバイボラのクポルを手伝って魔族を退け、幻想図書館に保管されている啓示を探し出す……という流れでメインシナリオが進行します。

一方、魔王カルタスの手下はサンゴ礁平原地域を魔族の支配下に置くため、クルビナを利用して悪事を企てます。それに対抗する救済者は、女神ユラテの伝承者と共にサンゴ礁平原を守る戦いを始めます。

そして白木の森のナルバス寺院では、過去にホーバークを討ち倒したアガイラ・フラリーとホーバークとの契約内容が明かされ、ホーバークの分身たちが一堂に会することになります。

そのほか、新たな女神やマスター、魔将と魔族、多くのNPCも登場します。
さらに新しいクエストのクリア報酬では、経験値カード以外にもボーナスステータスや特性ポイントなども獲得できるため、シナリオクエストクリアの価値がさらに高くなります。

装備アイテムランダムオプション

これまで固定だった未鑑定装備のアイテムオプションが、ランダムオプション方式に変更されます。
またフリーダンジョンだけではなく、一般フィールドでも狩りを通じてレベル帯に合った未鑑定装備を獲得できるようになります。

フィールドやフリーダンジョンで獲得できるランダムオプション未鑑定装備のレアリティには「マジック(青)」「レア(紫)」「ユニーク(赤)」があり、装備を獲得した後アイテム鑑定でオプションを確認すると使用可能になります。

ランダムオプション未鑑定装備は、これまでフリーダンジョンで未鑑定キューブから獲得していた固定オプション装備よりも高確率で多くの数が提供され、よりレアハントを楽しめるよう多彩な性能のアイテムを獲得できる環境になります。
一方、性能の上限に明確な限界があり価値に変化がなかった最大ソケット数は固定値に変更されます。
特に両手武器のソケット数が多くなり、ランダムオプションの最大数も片手武器より多く適用されます。

新たに追加される331~360レベルのフィールドとフリーダンジョンでは、アイテムランダムオプションが適用された装備レベル350の未鑑定装備アイテムを獲得できます。
また、ランダムオプション自体は350レベルの新規装備だけでなく、装備レベル75以降のすべての未鑑定装備アイテムにも適用されます。
※既存の未鑑定アイテム(75~315レベルのマジック・レアで固定オプションのもの)は、ランダムオプション実装以降は供給されない予定です。

新規アイテムとしてはこの他にも、7~8ランクスキルのレベルを上げられるモンスタージェム、新しいボスモンスターカードなどが追加されます。

オプション再設定

アイテムランダムオプションは、その系統ごとにそれぞれカテゴリが分けられます。
カテゴリは「攻撃系」「防御系」「ステータス上昇」「その他機能」となります。
アイテム鑑定でオプションが決定する際、良い内容であればそのまま使えますが、あまり望ましくない結果だったとしても、再設定することで別のオプションを改めて抽選できます。

再設定をすると、オプションの数と系統が固定されたまま同じ系統の他のオプションになったり数値だけ変更されたりするので、理想的なオプションに近づけるため集中投資することができます。
ただし再設定には特定の材料アイテムが必要であり、その材料は装備アイテムを分解することで獲得できます。
(新しい未鑑定装備アイテムのほか、既存のすべての装備アイテムも分解できます。)

オプションの再設定には、同じアイテムを新たに獲得しなくてもオプションの数を確保できるというメリットがあります。
その代わり、再設定時にはアイテムの最大耐久度が1ずつ下がってしまいます。
耐久度の減少が許容範囲内で希望のオプションを獲得できれば、そのまま使用しても問題ありませんし、なかなか良いオプションにならず耐久度が下がりすぎて使いづらくなってしまったら、分解あるいは販売して新しい装備に変えていくこともできます。

なお、未鑑定キューブの欠片はランダムオプション実装以降は供給されない予定であり、残った欠片はレアリティとレベルに合った分解材料に還元することができるようになります。

ルーティングチャンス

ランダムオプションアイテムの実装に合わせて、キャラクターの2次ステータスに「ルーティングチャンス」という項目が追加されます。
ルーティングチャンスはランダムオプションが付く未鑑定装備アイテムのドロップ率を高めてくれる数値で、1次ステータス(力、知能など)では変化せず、装備のオプション、ゲーム内のシステム(ギミック、アイテムなど)、イベント(週末大収穫祭のようなブースト系イベントなど)を通じて上げることができます。

また、ルーティングチャンスを上げる新しい種類のジェムが追加されます。
このジェムは他のジェムよりも希少性が高く、防具に装着するとルーティングチャンスの数値を上げることができます。
ルーティングチャンスの数値がオプションで付いた防具を獲得した場合、ジェムソケットにこのジェムを追加装着して、本格的なレアハント用装備を作ることもできます。

チャレンジモード

フィールドで狩りをしていると、特殊なモンスターが登場するようになります。
そのモンスターを倒すと、現在いる地域内のどこかにより良いアイテムを獲得できるチャレンジモードに進めるポータルがしばらくの間出現します。

チャレンジモードのトリガーとなるモンスターは、そのチャンネルのモンスターを一定数倒す度に一体だけ出現します。
ポータルはトリガーモンスターを倒したキャラクターに帰属するわけではなく他の人も利用できますが、チャレンジモードへの進入はクエスト演出のように自分(あるいはPTメンバー)だけのプライベートエリアに移動することとなり、エリアごとにモンスターと戦闘フィールドが提供されます。

チャレンジモードにはレベルと制限時間が存在し、チャレンジレベルに比例して登場するモンスターの戦闘力と装備アイテムドロップ率がアップします。
もしランダムオプションでルーティングチャンスの数値を高めていれば、このチャレンジモードでさらに大きな相乗効果を得ることができます。
制限時間が経過したり、キャラクターが戦闘不能状態になるとモードは終了します。
また、1日の入場回数には制限があります。

チャレンジモードで制限時間内に一定数のモンスターを討伐するとボスモンスターが登場し、それを倒すとステップアップするかモード終了するかを選択することができます。

モード終了を選択すると、そのチャレンジレベルに合ったクリア報酬を獲得してチャレンジが終わります。
ステップアップを選択した場合は、チャレンジレベルが1段階上がって難易度とドロップ率がさらに高くなったモンスターを相手に戦うことができ、実力に自信があればレベル限界まで続けることができます。
ただし、どんどん強くなるモンスターと戦って戦闘不能になるとチャレンジクリア報酬を獲得できないまま終わってしまうので、自分の実力に見合った選択をする必要があります。

チャレンジモードクリア報酬には、新しいダンジョンに入場できるアイテムも含まれる予定です。

新しいダンジョンと製造アイテム

チャレンジモードをクリアして手に入れたダンジョン入場アイテムを使って、新しいダンジョンをプレイできます。
このダンジョンはPTか自動マッチングで入場でき、既存のインスタンスダンジョンやミッションとは違って1日の入場回数に制限もなく、アイテムを消費するだけで入場することができます。

手ごわいモンスターが登場するこのダンジョンでは、製造ユニーク装備のレシピを獲得できます。
製造ユニーク装備には、ランダムオプションの未鑑定ユニーク装備では獲得できない特殊なカスタムオプション、特定オプションの高い数値、そして武器の場合には固有の見た目が備わっています。

運が良ければ未鑑定ユニーク装備でも高性能のオプションを構成できますが、製造ユニーク装備の固有性能は特定の状況や用途でさらに独自の効果を発揮してくれるという魅力があり、一つの装備系統でも多くの種類が用意されます。

そしてこのダンジョンでは、好きなオプションを固定させてオプションを再設定したり、すべてのオプションの数値だけを替えたりできる特別なアイテムなど、フィールドや一般インスタンスダンジョンでは獲得できない特殊性能を持ったアイテムも獲得できます。

「大地の塔」追加難易度と入場方式変更

装備可能なレベル帯で最も高いセット性能を持つレジェンド(金)レアリティの装備を獲得するため、非常に長い工程を進める必要がある「大地の塔」ですが、今後のレベル拡張に合わせてソルミキ区間の難易度選択が追加されます。
PTの戦闘力とチームワークに自信があるならば、難易度を上げることでさらに短時間でレジェンドセット装備を揃えられるようになります。
また、装備レベル270のロロパンサーセットは材料の報酬量を増やし、中間レベル帯の高級装備となるように調節されます。

そして、現在1日1回(トークン中は+1回)に設定されている入場回数が「1週間で合計3回」に変更され、報酬もそれに合わせて強化されます。
さらに、トークンの効果は入場回数追加ではなく最終報酬量増加に変更されます。
調整された報酬アイテムの数量増加によって、最終的にソルミキ装備獲得時間は約10%(一般モード基準)、ロロパンサー装備獲得時間は約40%程度短縮される予定です。

レジェンドレアリティのボスカード

まず第一段階として、カード装備のシステムが改編されます。
改編後はボスカードに系統が設定され、各系統ごとに最大3枚、合計で12枚を装備できるようになります。

次のカード改編段階では、中央スロットにレアリティがレジェンドのボスカード(金枠)を装着可能になります。
レジェンドボスカードはフィールドボス級モンスターを倒した時に獲得できるキューブから獲得できるようになります。
(※現在フィールドボスから供給されているカードがレジェンドに転換されるわけではありません。)

レジェンドボスカードは一般ボスカードと異なる強化システムを採用しています。
経験値獲得ではなく、最大4枚の触媒カードを入れて一度にレベル(★)を上げる方式であり、触媒カードの種類とレベルによって、失敗あるいは破壊のリスクが発生します。

なお、レジェンドカードスロットの封印解除には、女神の啓示に関連する特別な条件が必要です。

最後に

ここまでご紹介したコンテンツのほかにも、すでに近く実装が予定している追加・改編・調整や、一部ミッションの報酬の調整、コンテンツごとの連携見直しなども準備中です。
いずれの内容も詳細が確定後改めてご案内いたしますので、今しばらくお待ち下さいますようよろしくお願い申し上げます。

Copyright (c) 2015 NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.
Copyright (c) 2015 IMCGAMES CO., LTD. All Rights Reserved.

最新記事