【テイルズウィーバー】上級者向けの新しいコンセプトダンジョンを実装

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

tw04MMORPG「テイルズウィーバー(Tales Weaver)」において、レベル180以上のキャラクターがパーティーを組んで入場することのできるの新コンテンツ「ネオテシス」の第1弾として、「失われた記憶の博物館」が2009年7月29日に実装されます。


新コンテンツ「ネオテシス」とは、レベル180以上のキャラクターが4人1組のパーティーで入場することのできるコンセプトダンジョンの総称で、今回のアップデートで第1弾となる「失われた記憶の博物館」が実装されています。

「ネオテシス」では、普段使用しているキャラクターとは別に、「騎士ヒルトルード」「盗賊カノープス」「魔導士ブラウベルト」「賢者アイリ」の、4つのキャラクターでプレイすることになります。4人のプレイヤーは別々のキャラクターを選択することになり、事前に誰がどのキャラクターを選択するかを決めておく必要があるかもしれませんが、昔のRPGのパーティーのような感覚で楽しめそうです。なお、ダンジョンには難易度が設定されており、イージー、ノーマル、ハードの3つから選択できるなど、何度も楽しめるコンテンツになります。

ダンジョン内部には、テイルズウィーバーに登場する11人の主人公キャラクターのドッペルゲンガーやフィールドモンスターが敵として登場し、奥へ進むと中ボス、さらに奥に進むと最終ボスとして記憶をつかさどる女神「ムネーモシュネー」が待ち構えていて、これを倒すことができればダンジョンクリアとなります。

「ムネーモシュー」を倒すと宝箱を獲得することができ、各職業ごとに5つの装備品を手に入れることができます。これを全て集めて装備すればプラスの補正効果が発生し、より強力な装備となるほか、「ネオテシス」の外でも使用可能とのことなので、普段のプレイにも役立つ装備品になると思います。また、中ボスや最終ボスを倒したり、ダンジョンをクリアした際には専用のポイントを獲得することができ、このポイントは王室魔法研究所主任研究員のNPCを通じて消費系のアイテムなどと交換することができます。

普段のゲーム本編とは違った別の新しいコンテンツとして楽しめる「ネオテシス」ですが、年内には第2弾となるダンジョンの実装も予定されており、高レベルプレイヤーにとっては楽しみな要素になると思います。

この他のアップデートとして、戦闘システムに「ターゲットシステム」が追加されており、攻撃のたびに敵をクリックすることなく戦闘を進められるようになるので、普段のプレイも楽に進めていくことができそうですね。

また、「ネオテシス」の実装を記念して、ケルティカの王立魔法院主任研究員の頼みを聞くと、特別な報酬がもらえるイベントが7月29日〜8月5日までの期間で開催されるほか、レベル50以下のプレイヤーが様々な特典が受けられる「初心者ヘルパールシアンの総テイルズ民救済イベント」が7月29日〜8月12日までの期間中に開催されています。高レベルプレイヤーは「ネオテシス」に挑戦し、レベル50以下の方はこの機会に更なる上を目指して頑張ってみてください!

Copyright (C) 2007 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.

最新記事