【World of Tanks】日本語サービス開始後、初のアップデートを9月18日に実装

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)オンライン対戦アクションゲーム「World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)」において、日本語サービス開始後、初となるアップデート 8.8「ソ連新車両、戦場に降り立つ」が9月18日に実施され、新しいマップとなる「ツンドラ」や中戦車「Object 140」などが追加されます。

アップデート 8.8「ソ連新車両、戦場に降り立つ」

アップデート8.8では、新しいマップとなる「ツンドラ」を追加いたします。
さらに待望のTier VIからTier VIIIまでのソ連中戦車を追加、Tier Xには中戦車「Object 140」を追加。

その他、大きな変更点としては、Tier IV「D.W.2 重戦車」と Tier VI「VK30.02(M)中戦車」が、新たにドイツ技術ツリーに追加され、「VK30.01(H)」と「VK36.01(H)」は重戦車に仕様変更され、ティーガーI 重戦車の開発ラインが大幅に変更、強化されます。

また、Tier VIII「T-34-3 中戦車」と Tier VIII「112 重戦車」が中国のプレミアム車両として追加されます。

■アップデート 8.8 レビュー

■アップデート 8.8 マップレビュー

World of Tanksについて

「World of Tanks」は、チーム戦形式の大規模マルチプレイヤー・オンラインゲームであり、20 世紀中盤の装甲車両同士の戦いを題材としています。他の鉄のカウボーイたちと肩を並べて壮大な戦車戦に挑み、世界の覇権をかけて戦いましょう!

(C) 2012–2013 Wargaming.net

最新記事