【恒星少女(こうガル)】オープニングテーマに「May’n」書き下ろし楽曲を起用!

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

スペースオペラシミュレーションRPG「恒星少女(こうガル)」で、オープニングテーマに人気実力派アーティスト「May’n」が書き下ろした楽曲を起用することが決定しました。オープニングテーマはムービーと共に近日公開予定なのでお楽しみに!なお、引き続き事前登録&キャンペーンを実施中です。

オープニングテーマに「May’n」書き下ろし楽曲を起用!

事前登録受付中のスペースオペラRPG『恒星少女 -Do The Scientists Dream of Girls’ Asterism?-』にて、主題歌アーティストに人気実力派アーティストMay’nを起用することをお知らせいたします。

恒星少女(こうせいガール)

オープニングテーマにMay’n書き下ろし楽曲を起用!

国内外を問わず幅広い支持を集める彼女から、本作のために書き下ろした楽曲を提供していただきました。
オープニングテーマはムービーと共に近日公開予定となっております。是非とも続報にご期待ください。

■May’n
2003年ホリプロタレントスカウトキャラバン”ラブ・ミュージックオーディション”にてファイナリストとなったのをきっかけに、05年弱冠15歳にしてメジャーデビュー。POPSからROCK、DANCE、R&Bと幅広く歌いこなす実力派女性歌手。08年以降数多くのTVアニメ、ドラマ、映画、ゲームの主題歌を担当しトップチャート入りを果たしている。今までに、日本武道館や横浜アリーナで5度に渡り単独公演を開催する。更に、10年からは世界ツアーも開催し、全世界でのライブ総本数は80本を超える。”May’n”名義になり10周年を迎える今年、2枚のシングル「You」(TVアニメ「魔法使いの嫁」新OP)、「天使よ故郷を聞け/HOME」(TVアニメ「ロード オブ ヴァーミリオン 紅蓮の王」OP/TV アニメ「Phantom in the Twilight」ED)をリリース。4月よりホールツアーも開催し完走。10月からは世界初のミュージカル化として話題の黒澤明没後20年記念作品ミュージカル『生きる』にヒロインとして抜擢されるなど活動の幅を広げている。その圧倒的な歌唱力と伸びのあるハイトーンヴォイスで国内外を問わず人々を魅了し続けている。

『恒星少女 -Do The Scientists Dream of Girls’ Asterism?-』とは

「わたし達は、この宇宙を照らす幾億の星」

22世紀末。人類存亡の危機に直面していた主人公の元に、地球外から宇宙船の設計図が届く。
数年の後に建造された宇宙船だったが、それは何故か主人公だけを乗せ宇宙に旅立ってしまった。
宇宙の果て、孤独な主人公の前に現れた存在「恒星少女(こうせいガール)」。彼女たちとの出会いにより、主人公は未知の敵との争いへと身を投じることに―――。
宇宙船の設計図はどこから送られたのか?未知の敵とは?人類の存亡は?謎多き深宇宙の旅が始まる!

世界観監修に緻密なSF表現・設定考証を手掛ける小倉信也氏を、
またシナリオには様々なヒット作を生み出すイシイジロウ氏を迎えて贈るスペースオペラRPG。
今冬、DMM GAMES PC版にて先行リリース予定。

(c) DMM GAMES