【黒い砂漠】領地を巡り、ギルド同士で行う大規模戦闘「占領戦」の情報を公開

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

黒い砂漠MMORPG「黒い砂漠」で、領地を巡り、ギルド同士で行うGvGコンテンツ「占領戦」の情報が公開されました。勝利すれば領地を統治することができ、税金を課すことも可能になります。参加するギルドは1ギルド対1ギルドではなく、複数のギルドが同時に領地を奪い合うため、迫力のある大規模戦闘を楽しむことができます。

その領地を治め、税金を課すことも可能!GvGコンテンツ「占領戦」

サービスに向けて動き出した期待の新作MMORPG『黒い砂漠』において、領地を獲得するためギルド同士で行う大規模戦闘の一つ「占領戦」の一部を2015年4月22日(水)のプレスリリースにてご紹介いたします。

『黒い砂漠』は、細部まで丁寧に作り込まれたクオリティの高いグラフィックをはじめ、アクション性の高いノンターゲティング方式の戦闘、経験豊かな開発者の妥協を許さない奥深いコンテンツが、オープンワールドの美しい世界に散りばめられており、短時間では遊びきれない魅力溢れる作品です。正統派なMMORPGでありながらも、今までの常識を覆す驚きの内容となる本作は、プレイヤーの遊び方次第で、様々な楽しみ方ができる、全く新しいプレイスタイルも魅力となっております。

『黒い砂漠』で行われる大規模戦闘「占領戦」は、領地を獲得するためのGvGコンテンツとなり、「占領戦」で勝利すれば、その領地を統治することができます。
1ギルドの登録メンバーは最大100名となり「占領戦」では、参加するギルドは1ギルド対1ギルドではなく、複数のギルドが同時に領地を奪い合うため、その規模はかつてないほどの迫力ある戦闘となります。

また、「占領戦」に勝利することができたギルドは、その領地を統治することはもちろん、様々なメリットが用意されています。

かつてないほどのプレイヤーが参加する大規模戦闘!

『黒い砂漠』で行われる大規模戦闘「占領戦」は、領地を獲得するためのGvGコンテンツとなり、「占領戦」で勝利すれば、その領地を統治することができます。
1ギルドの登録メンバーは最大100名となり「占領戦」では、参加するギルドは1ギルド対1ギルドではなく、複数のギルドが同時に領地を奪い合うため、その規模はかつてないほどの迫力ある戦闘となります。

■「ギルド」とは
Lv50以上のキャラクターが管理人NPCを通じて設立でき、最大で100名のメンバーを登録することが可能。「占領戦」をはじめ、「ギルドスキル」、「ギルドミッション」といった専用コンテンツも数多く存在します。
「占領戦」では、愛馬を連れて参加することも可能。

「占領戦」の準備と、開戦後の進行

「占領戦」に参加する各ギルドは、「砦」もしくは「指揮所」を事前に建設する必要があります。(※「砦」と「指揮所」はギルド商店で購入することができますが、購入後、ギルドメンバーが「労働者」を派遣し、総出で製作します。)
「占領戦」が、開始となると、各ギルドメンバーは、事前に建設した「砦」もしくは「指揮所」に移動し、そこからスタートとなります。
※なお、「占領戦」の開始は、全て事前にゲーム内で開催日時を告知し、開始時刻となった段階で、イベントの開催のようにスタートする予定です。

参加ギルドは「砦」もしくは「指揮所」を事前に作成し、開催地に設置します。
※開催地によって「砦」か「指揮所」が異なります。

開始時刻となると設置していた「砦」か「指揮所」からスタートします。また、大砲などを使用して攻め入ることもできます。

「占領戦」の勝利条件

各ギルドが設置した「砦」もしくは「指揮所」を破壊し合い、「砦」・「指揮所」が1つになった時点で「占領戦」が終了となります。その際、最後に残った「砦」・「指揮所」を所持しているギルドが勝利となります。
勝利したギルドは、その開催した領地の領主となり、次の「占領戦」開催まで領地を治めることができるとともに、様々なメリットが用意されています。

・税率を定め、その領地で各プレイヤーが行う、NPCやキャラクター間の直接取引を除くすべての取引に、税金が課される。
・領地で徴収した税金を全て納めることができる。
・プレイヤーの住居がある場合は、税率減免を受けることができる。

(C)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved.
(C)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

最新記事