【ドスパラ】ゲーミングPC「GALLERIA」に最新の第8世代CPU搭載モデルを追加

No imageパソコンショップ「ドスパラ」で、ゲーミングPC「GALLERIA」のハイエンド Zシリーズに、最新の第8世代「インテル Core i7-8700Kプロセッサー」搭載モデルが新たに3種追加されました。6コア12スレッドのCPUスペックは、ワンランク上の性能で快適なゲームプレイを実現!

最新の第8世代 Coreプロセッサー搭載モデルを追加

ゲーミングPC「GALLERIA」のハイエンド Zシリーズに、最新の第8世代 インテル Core i7-8700Kプロセッサー搭載モデルを新たに3機種追加し、全国22の「ドスパラ」各店舗およびドスパラ通販サイトにて販売開始いたしました。

コンシューマー向けのハイエンドクラスとして前世代まで長く続いた4コア8スレッドを大きく打ち破る、6コア12スレッドのCPUスペックはゲームのプレイだけでなく、録画や配信にもパフォーマンスを発揮します。

新発売のGALLERIA Zシリーズには、第8世代 インテル Core プロセッサー、Z370マザーボードに加え、高クロックのDDR4 SDRAM PC4-21300(動作周波数 2666MHz)を標準搭載。ワンランク上の性能で快適なゲーム環境を提供します。

■GALLERIA Zシリーズ インテル Core i7-8700K プロセッサー搭載モデル
・GeForce GTX 1080 Ti 搭載: GALLERIA FZ 249,980 円(+税)
・GeForce GTX 1080 搭載 : GALLERIA ZG 219,980 円(+税)
・GeForce GTX 1070 搭載 : GALLERIA ZF 199,980 円(+税)
・GeForce GTX 1060 搭載 : GALLERIA ZT 149,980 円(+税)

クリエイタ―向けパソコン「raytrek」の最高峰モデルを一新

株式会社サードウェーブデジノスは、クリエイタ―向けパソコン raytrekブランドの最高峰モデル『raytrek LC-X P6』を、インテル ハイエンドCPU「Core X」シリーズの最上位「Core i9-7980XEプロセッサー」搭載モデルにリニューアルし、全国22の「ドスパラ」各店舗および、ドスパラ通販サイトにて販売開始致しました。

『raytrek LC-X P6』は、コンシューマ用プロセッサーとして現世代最大の18コア36スレッドを誇る「Core i9-7980XEプロセッサー」と、Pascalアーキテクチャー採用のグラフィックカード「NVIDIA Quadro P6000」を搭載した、最高クラスのハイパフォーマンスクリエイターパソコンです。

莫大なデータを取り扱う3Dモデリングや4K編集などのあらゆる高負荷作業を迅速にこなし、プロフェッショナルの要望に応えます。

■raytrek LC-X P6 製品情報
・CPU: インテル(R) Core(TM) i9-7980XE プロセッサー
(18コア, HT対応, 定格2.60GHz, TB時最大4.20GHz, L3キャッシュ24.75MB)
・チップセット: インテル X299 チップセット搭載 ATXマザーボード
・メインメモリ: 64GB PC4-21300 (DDR4 SDRAM, 16GB×4, 4チャネル)
・グラフィックス: NVIDIA Quadro P6000 24GB
・SSD: 500GB(SATA3)
・ハードディスク: 3TB (SATA3)
・光学ドライブ: DVDスーパーマルチドライブ
・LAM: 1000BASE-T LAN
・ケース: LDブラック(ATX)
・電源: SILVERSTONE 750W 静音電源 (80PLUS PLATINUM)
・OS: Windows 10 Pro インストール済み
・価格:1,199,980円(+税)

Copyright (C) Dospara Co., Ltd. All rights reserved.

最新記事

ななぱち