【FEZ】そんなとこにキプが建つの?「国王介入システム」実装

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

fez04MMORPG「ファンタジーアースゼロ(FEZ)」において、2008年6月9日にアップデートが実施され、国王たちが戦争に介入する「国王介入システム」が実装されています。これにより、特定マップのキープの位置が突然変更されるようになります。


「国王介入システム」は、特定のフィールドにおいて宣戦布告を行うと、一定確率で国王が「キープ」の位置を変更し、通常では不可能な位置に「キープ」を建設するシステムです。
「キープ」位置は、各フィールドに3パターン用意されており、どの位置に「キープ」が建設されるかはランダムで決定されます。「キープ」の位置が変わることによって、同じマップでも戦略がまったく変わってくるため、今までになかった戦争が展開されることになりそうです。

これまでだと、プレイヤーがキプを建てそれが承認されると戦争開始となるのですが、ほとんどのマップでパターン化されており、ちょっと変わったところにキプを建てると非難を浴びることもあり、戦術もだいたい同じパターンとなってしまいます。
個人的にはいつもと違ったところにキプがあるとけっこう楽しめますが、戦略が浸透していないこともあり負けることが多くなりますね。
それが非難を浴びる原因にもなるのですが、さすがに毎度毎度同じパターンだと飽きも早いと思いますよ。

「国王介入システム」はランダムでキプ位置が決定されるようで、通常とは違った戦いが楽しめますし、しかも、通常では建てることができない位置に建てられるということなのでかなり面白そうです。
特定フィールドで一定の確率ということなので、遭遇する確率は低いかもしれませんが、新鮮な気持ちで戦えそうですね。

(C)2005-2007 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved, Licensed to Gamepot Inc.

最新記事