【FRONTIER】「GeForce GTX 1650×Ryzenプロセッサー」を搭載したPC発売

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

No imageパソコン買うならBTOの「FRONTIER」で、圧倒的なマルチスレッド性能で定評のある第2世代Ryzenプロセッサーと、人気の高い「GeForce GTX 1050」の後継として登場した「NVIDIA GeForce GTX 1650」を搭載したデスクトップPCを発売!

GeForce GTX 1650 × Ryzenプロセッサーを搭載!

2019年5月23日(木)より、NVIDIA GeForce GTX 1650と第2世代Ryzenプロセッサーを搭載したデスクトップPC、3機種の販売を開始しています。

■製品の概要
このたび販売を開始するのは、圧倒的なマルチスレッド性能で定評のある第2世代Ryzenプロセッサーと、ゲーム向けエントリークラスGPUとして人気の高いNVIDIA GeForce GTX 1050の後継として登場した「NVIDIA GeForce GTX 1650」を搭載したデスクトップPC3機種です。
CPUには、8コア16スレッドの「AMD Ryzen 7 2700」と、6コア12スレッドの「AMD Ryzen 5 2600」を採用し、ラインナップは拡張性と冷却性能を備え、コスパを追求したシンプルデザイン<GAシリーズ>と、コンパクトサイズのマイクロタワー<GXシリーズ>をご用意しました。ご予算やお好みに応じてお選びいただけます。

こちらの製品は、FRONTIERダイレクトストアにて、2019年5月23日(木)より販売を開始しています。

■製品の特長
<GeForce GTX 1650グラフィックカード搭載>
NVIDIA GeForce GTX 1650は、新世代の NVIDIA Turing GPU アーキテクチャを採用したグラフィックスを再創造する新たなGeForceで、従来のGeForce GTX 1050より、最大70%パフォーマンスが向上しています。パフォーマンスの向上に加え、「プログラマブル シェーディング」が統合されており、またDirectX 12への対応やFHDのゲーミングに最適化され、最新の人気のゲームを驚異の高解像度映像でお楽しみいただけます。
ベースクロック1,485MHz、ブーストクロック1,665MHz、メモリ構成4GB GDDR5、メモリインタフェースは128bit。

<第2世代Ryzenプロセッサー搭載>
第2世代Ryzenプロセッサーは「ZEN+」アーキテクチャを採用し、12nmプロセスで製造されています。第1世代Ryzenと比較して動作クロックが引き上げられました。要求の厳しいゲーマーやクリエイターに向けたクラス最高のマルチプロセッシング性能を備えています。

<GAシリーズにはASRock製 B450 Pro4マザーボードを採用>
マザーボードには AMD B450チップセットを搭載した ASRock製 B450 Pro4 を採用しました。ELNA 製オーディオコンデンサを搭載し、ノイズレベルを大幅に低減したオーディオ回路を搭載しています。高速なUSB3.1 Gen2 ポート x1やUSB3.1 Gen2 Type-C x1、その他USB3.0ポート x2、USB2.0ポート x2、最大 64GB まで搭載可能なメモリスロット、PCIe 3.0 x4 接続の M.2スロットなどを搭載し拡張性に優れています。

<GXシリーズにはASRock製 A320M-HDVマザーボードを採用>
マザーボードは AMD A320チップセットを搭載した ASRock製 A320M-HDV を採用しました。 ELNA 製オーディオコンデンサを搭載し、ノイズレベルを大幅に低減したオーディオ回路を搭載しています。 PCIe 3.0 x4 接続の M.2スロット、 USB3.0ポート x4、 USB2.0ポート x2、 最大 32GB まで搭載可能なメモリスロットなど拡張性に優れています。

<品質・信頼性の高い日本製コンデンサ採用>
80PLUS認証を取得した電源を標準搭載しています。消費電力や排熱が少ないので、電源の長寿命化などが期待できます。また、恒常的に温度が上がりやすい電源ユニットに、日本製コンデンサを採用することで、安定した直流電源の出力を実現しています。

(C)2016 INVERSENET INC. All Rights Reserved

最新記事

ななぱち