【Identity V】舞台化が決定!第1幕は11月に公演!出演するメインキャストを発表

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

Identity V非対称対戦型マルチプレイゲーム「IdentityⅤ 第五人格」の舞台化が決定しました。あわせて、出演するメインキャストが発表されました。第1幕は2019年11月に、第2幕は2020年6月に公演予定です。舞台ならでは見どころ満載のステージになるので、どうぞお楽しみに!

この冬、あなたは荘園の一員になる。

逃亡者「サバイバー」は、追跡者「ハンター」から逃げ、追跡者「ハンター」は逃亡者「サバイバー」を捕え、それぞれの勝利のために“逃げ(追い)続ける”……。そんな刺激と緊張感溢れる大人気・非対称ゲーム『Identity V 第五人格』の舞台化が決定しました!

第 1 幕は 2019 年 11 月、第 2 幕は 2020 年 6 月の公演予定です。第 1 幕と第 2 幕で出演キャラ/当番キャラが異なり、それぞれが完全に独立した話となります。舞台ならでは見どころ満載のステージになる予定ですので、ご期待ください。

そして、舞台化決定とあわせて、出演するメインキャストも発表! 第 1 幕の当番キャラクターとして物語の中心になる納棺師/イソップ・カール役を平井雄基さん、写真家/ジョゼフ役を五十嵐啓輔さんが演じます。このほかサバイバーサイドには橘 りょうさん(幸運児)、鈴木麻祐理さん(医師/エミリー・ダイアー)、田中稔彦さん(弁護士/フレディ・ライリー)、石川竜太郎さん(泥棒/クリーチャー・ピアソン)、藤白レイミさん(庭師/エマ・ウッズ)、ハンターサイドには成松慶彦さん(リッパー/ジャック)、大滝樹さん(芸者/美智子)などが出演し、ゲームでお馴染みのキャラクターたちを熱演します。

若手だけでなく、『ライオンキング』ムファサ役や『美女と野獣』のガストン役などを演じた実力派、ひのあらたさん(黄衣の王/ハスター)も出演。個性的かつ魅力的なキャラクターたちを、同じく個性的かつ魅力的な役者陣がお届けする第五人格舞台版にご期待の上、続報をお待ちください!

■IdentityⅤ STAGE
<第1幕>
公演日:2019 年 11 月 29 日(金)~12 月 8 日(日)/全 16 公演
会場:サンシャイン劇場
チケット代:全席共通 9,800 円 ※特典付き/税込

・出演
[当番キャラ]
サバイバー/納棺師(イソップ・カール):平井雄基
ハンター/写真家(ジョゼフ):五十嵐啓輔

[サバイバー]
幸運児:橘 りょう
医師(エミリー・ダイアー):鈴木麻祐理
弁護士(フレディ・ライリー):田中稔彦
泥棒(クリーチャー・ピアソン):石川竜太郎
庭師(エマ・ウッズ):藤白レイミ
空軍(マーサ・べハムフィール):山田美貴
機械技師(トレイシー・レズニック):坪井未来
心眼(ヘレナ・アダムス):河上英里子
カウボーイ(カヴィン・アユソ):田中晃平
占い師(イライ・クラーク):千葉瑞己
探鉱者(ノートン・キャンベル):須賀京介

[ハンター]
リッパー(ジャック):成松慶彦
芸者(美智子):大滝樹
黄衣の王 (ハスター):ひのあらた
白無常(謝必安):國島直希
黒無常(笵無咎):縣豪紀
魔トカゲ(ルキノ):モウジーン兼史
泣き虫(ロビー・ホワイト):渡部大稀
ほか

※キャラクター順・敬称略

<第2幕>
2020年 6月予定
主催:荘園劇場

※本舞台劇は、ゲーム原作「Identity V」の許諾を取得しておりますが、原作の内容とは関わらず、舞台化のための独自の創作も行っております。原作ゲームの設定、世界観、ストーリーとは異なる部分もございますので、予めご了承ください。

(c)2018 NetEaseInc.All Rights Reserved
Copyright © since 1998 DMM All Rights Reserved.

最新記事

ななぱち