【女神転生IMAGINE】オンラインゲームを通してエコを考える

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

megaten04MMORPG「真・女神転生IMAGINE」では、「100万人のキャンドルナイト」に賛同し、社会貢献プロジェクト「GAMERS HEART」が始動しています。地球温暖化やCO2の削減など、ちょっとエコを考えてみませんか?


『電気を消して、スローな夜を』を合言葉に、6月21日から7月7日までの夜8時から10時までの2時間、一斉に電気を消して、暗闇とロウソクの灯火の中で過ごし、省エネや地球温暖化防止を考えるだけではなく、過ごし方の中に様々な価値を見出そうという社会貢献活動が、「100万人のキャンドルナイト」です。

そこで、女神転生IMAGINEでは、環境改善をはじめとした社会貢献を考え、実行するソーシャルプロジェクト「GAMERS HEART」が始動。
CO2削減を目的とし、温室効果ガスの排出を抑制・相殺するカーボンオフセット活動が実施されています。
7月31日までの期間中に集められたカーボンオフセット活動へのご賛同金(一口100円)を、有限責任中間法人日本カーボンオフセットを介して、国連認定のCO2削減プロジェクトからの排出権を取得します。取得いたしました排出権は、最終的に日本政府に譲渡するかたちになります。
賛同金を送ったプレイヤーには、キャンドルをモチーフにしたゲーム内アイテム「ハートキャンドルネックレス」がプレゼントされます。

最近は大雨が降ることも多くなり、洪水や土砂災害も増えていますよね。追い討ちをかけるように地震があったりして、全てが温暖化のせいではないのかもしれませんが、環境が変化していると感じられている方も多いはずです。
ただ、やっぱり暑ければクーラーを使うし、レジ袋だってけっこう利用価値があったりして、考えなければいけないと思っていてもなかなか難しかったりします。
ゲームをプレイすれば当然電力は消費され、それがCO2排出にも繋がるわけで、普段はあまり気にしていなくても、こういう活動を通して環境問題を考える機会にしてみてはいかがでしょう?

COPYRIGHT (C) Index / (C) CAVE

最新記事