【陰陽師】新SR「化鯨」や新スキンが登場!イベント「春の召喚祭」を開催

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

陰陽師本格幻想RPG「陰陽師」で、新SR「化鯨」が登場しました。「化鯨」は、母親を亡くして一人で寂しく死んでいった鯨の子供の霊です。あわせて、SP/SSRの召喚確率が従来の2.5倍になるイベント「春の召喚祭」が開催されています。また、新スキン「鳳戦歌(鳳凰火)」と「嘯風弄月(万年竹)」も登場!

春の召喚祭、化鯨登場

ある日の晩、漁村に霧のような小雨が降り始めた。突如、ほら貝の音が静けさを破る。その音には魔力があるようで、聞くと涙が出てしまう。まるで誰にも言い出せない寂しさや想い、未練を訴えられているようだ。ほら貝の音が海へ伝わった時、暗闇の中に小さな影が、小さくうずくまっているのが見える。

■SR・化鯨
母親を亡くし、一人で寂しく死んでいった鯨の子供の霊。雨の日の夜は、人の住む村で母親を探す。ほら貝を吹いて、母親かもしれないと思った人を海へ導き、溺死させる。そして人の姿に変わった彼は、再び暗い海の中で徘徊し、次の雨の日の夜を待ち続ける。
母親と一緒に過ごした、幸せな時間はもう戻らない。幸せだったあの頃は、母親と共に消え去ってしまった。遠い漁村で、窓から見える女の人たちは、果たして必死に探している「まま」なのか?

■新イベント情報・春の召喚祭
暖かい春と共に、化鯨が平安京に登場。化鯨を歓迎するため、春の召喚祭イベントを開催いたします。
4月24日(水)メンテナンス後~4月28日(日)23:59、SP/SSRの召喚確率が従来の2.5倍となります!(1回まで)
さらに、召喚されたSR式神が化鯨になる確率が15%UPします!(5回まで)

■鳳凰火新スキン・鳳戦歌
夕日が沈む頃、雲の間から覗く暮色の光は、想像もできないほど美しい。きっと、この世ですべてに絶望している人でも、思わず見とれてしまうだろう。
だが、夕焼けは鳳凰林の燃え盛る炎と比べて暗い。周りの曠原では、どこからか戦歌が聞こえる。鳳凰が復活した時の炎が、神社を守るためずっと燃え続けている……。
もうあたりが暗くなってしまった。夜空に散らばった星たちですら、あの炎ほどは輝けない。
神社の前で、鳳凰火は恐れる間もなく、熱く、眩いほど輝く炎を身にまとい、敵を蹴散らす。
多分、それが鳳凰の生きている証なのだろう。
鳳凰火の新スキン「鳳戦歌」がまもなくスキン商店に登場。お見逃しなく!

■万年竹新スキン・嘯風弄月
涼しい夜、竹の間から月が垣間見える。竹の葉が風揺られ、そのまま飛ばされていった。遠くの暗闇で、なぜか竹の葉がたくさん舞っているようだ。
突然、笛の音が鳴り始めた。何かが竹林の中を素早く動いているようだ。気が付くと、近くに白い服を着た男の人が立っている。彼は遠くを眺めているようだ。
どこからか聞こえる笛の音には、ほのかに竹の香りがする。お酒を飲んでいないのに、なんだか酔ってしまいそうだ……。
万年竹の新スキン「嘯風弄月」が間もなくスキン商店に登場。お見逃しなく!

Privacy Policy, Terms and Conditions
(c)1997-2017 NetEase, Inc.All Rights Reserved
Copyright (c) since 1998 DMM All Rights Reserved.

最新記事

ななぱち