【オトギフロンティア】イベント「執念のオルリカバマジク騎士団」を開催

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

オトギフロンティア童話系本格ファンタジーRPG「オトギフロンティア」で、イベント「執念のオルリカバマジク騎士団」が開催されています。オルリカバマジク騎士団との全面戦争!イベントでしか手に入らいないアイテムなどを獲得しましょう!また、マップ探索イベント「銀河鉄道で行く星座観光の旅」も開催されています。


以下公式より

8月7日のメンテナンス

8/7(火)16:00時点でメンテナンスを完了いたしました。
ご利用中の皆様にはご不便をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

■アップデート内容
・新キャラピックアップガチャを開催いたしました。
・新イベント「執念のオルリカバマジク騎士団」を開催いたしました。
・新イベント「銀河鉄道で行く星座観光の旅」を開催いたしました。
・プレミアムガチャのラインナップを更新いたしました。

高難易度クエスト『執念のオルリカバマジク騎士団』

8/7(火)より、高難易度クエスト『執念のオルリカバマジク騎士団』を開催いたしました。
執念のオルリカバマジク騎士団にはイベントミッションが存在しますので、報酬受け取り期間にご注意ください。

■開催期間
8/7(火)〜8/17(金)23:59
※ミッション報酬受取は8/20(月)23:59まで

■執念のオルリカバマジク騎士団
・オルリカバマジク騎士団との全面戦争です。
・執念のオルリカバマジク騎士団は曜日クエスト一覧から挑戦可能です。
・バトルに参加するにはBPが必要になります。
・難易度70以降の最強の中隊長撃破で「中隊長ディグニダの証」、難易度90以上の団長撃破で「聖剣エクスキャリバー・レプリカ」を低確率で獲得することができます。
・クエストは全て高難易度となりますが、本イベントは後日復刻開催する可能性がございます。
・難易度110と130のクエストには過去に類を見ない強さの強敵が出現しますので、無理に挑まれませんようご注意いただけますと幸いです。
・難易度150のクエストでは限界を超えた騎士団との激戦となり勝利は困難を極めることになるはずですが、この難易度でしか入手できないアイテムはございませんのでご注意ください。
※今回のイベントには専用シナリオが存在します。

■ストーリー
――絶望とは、闘うべき理由を知らずに、しかも、まさに闘わねばならないということだ。
オルディン連合総司令は、いつか聞いた言葉を胸の内で反芻していました。

「いや、闘う理由はある。彼らの無念を晴らすのだ」

苦楽を共にしてきた大切な、愛すべき仲間たち。
シュカ、レーゼ、レビィ、ブレア。
各騎士団長たちが討たれたのなら、全力で報復するのがオルディン連合の流儀。
それこそが連合の結束の証なのです。

「総司令。奴らは計画通り、ここに向かっています」
「団長たちの仇、必ず取りましょう」

兵士たちは、揃って決意をみなぎらせた顔つきで総司令を見つめています。
総司令はマントを翻すと迎撃体制へつくよう命じ、そして宣言しました。

「我々は必ず団長の仇をとる!」
「おおーっ!」

「苦しい戦いになるが決してあきらめない!」
「おおーっ!」

「我々は負けない。勝てなくても負けもしないっ!」
「お、おおーっ……?」

「タイブレークに持ち込まれても119-117で勝利を目指す!」
「お、おう……」

昂ぶっているオルディン総司令は、周囲の反応の変化にも気付かないほどエキサイトしています。

「これより、私は総司令ではない……オルリカバマジク騎士団長だ」

かつて、いち騎士団長として名を馳せた頃に戻り、実戦へと身を投じる。
オルディン連合総司令改めオルリカバマジク騎士団長は、高らかに開戦を宣言します。

「オルリカバマジクってなに?」

部下たちから漏れ聞こえる本音の疑問も総司令の耳には入りません。

いざ、最後の決戦の舞台へ。

マップ探索イベント『銀河鉄道で行く星座観光の旅』

8/7(火)より、マップ探索イベント『銀河鉄道で行く星座観光の旅』を開催いたしました。

■開催期間
8/7(火)〜8/25(土)23:59

■イベント内容
・ピュルテたちと共にマップを探索しましょう!!
・マップの探索が進む度に報酬を獲得することができます!!
・イベント最深部まで到達し、イベント限定装備「銀河ステーション」を手に入れましょう!!
・中ボス撃破時、「銀河ステーション」を強化するためのレシピが手に入るかも!?

※達成報酬・イベントミッションの受け取りは8/28(火)23:59までご利用いただけます。
※本イベントは後日復刻開催する可能性がございます。

(C)KMS / DMM GAMES

最新記事