【刀剣乱舞-ONLINE-】刀剣男士「松井江」などを入手できるイベント「秘宝の里」開催

刀剣乱舞刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」で、イベント「秘宝の里~楽器集めの段~」が開催されています。里に散らばる「玉」を集めて、秘宝を手に入れましょう!イベント報酬で、刀剣男士「松井江」「桑名江」「豊前江」「篭手切江」を入手するチャンス!


以下公式より

イベント「秘宝の里 ~楽器集めの段~」開催

3月24日(火)よりイベント「秘宝の里 ~楽器集めの段~」を開催いたします!
里に散らばる玉(ぎょく)を集め、秘宝を手に入れましょう!

■開催期間
2020年3月24日(火)メンテナンス終了時から
2020年4月7日(火)12:59まで
※終了日時は変更となる場合がございます。

■遊び方
イベント期間中、「出陣」の「合戦場選択」画面上にあります、イベントバナーを選択することで、イベント合戦場が表示されます。

「秘宝の里」への出陣には、通行手形が必要となります。
1回の出陣につき、1つ通行手形を消費します。
通行手形の所持数は、最大で3つです。毎日5:00と17:00に最大まで自然に回復します。
消費した通行手形は自然回復を待つことなく、小判で補充することができます。

■通行手形の補充について
通行手形は、小判300枚で1つ補充することが可能です。

■調査道具(秘宝の里)、特別調査道具について
「調査道具(秘宝の里)」「特別調査道具」は、「秘宝の里 ~楽器集めの段~」でのみ使用可能な便利道具です。
「調査道具(秘宝の里)」「特別調査道具」は、万屋で購入することができます。

・調査道具(秘宝の里)を使用した場合の効果
通行手形を消費せずに「秘宝の里」に出陣できます
出陣時に必ず、楽器をどれか1つ入手することができます
取得した玉が帰城時に3倍になります(強制帰城、途中帰城でも3倍となります)
入手した楽器は、強制帰城、途中帰城でも全て持ち帰ることができます

・特別調査道具を使用した場合の効果
通行手形を消費せずに「秘宝の里」に出陣できます
出陣時に必ず、楽器をどれか1つ入手することができます
取得した玉が帰城時に10倍になります(強制帰城、途中帰城でも10倍となります)
入手した楽器は、強制帰城、途中帰城でも全て持ち帰ることができます

<「通行手形」と「調査道具(秘宝の里)」「特別調査道具」の違い>
※1.本丸への帰城時点で入手していた玉の3倍、10倍。
※イベント専用便利道具となるため、「秘宝の里 ~楽器集めの段~」終了後、未使用分は消滅いたします。
※「調査道具(秘宝の里)」「特別調査道具」使用中はマップの左上に使用中の表示がされます。

ステージは難易度・易から難易度・超難までの、全4ステージで構成されます。
出陣後は、マスを一歩進む毎に札をめくります。
札の構成は各ステージで異なっており、合戦上マップ右上に詳細が表示されます。

各札の効果は下記となります。

『玉札』
札に書かれた個数の玉を手に入れます。

『敵札』
敵が出現します。
同じ絵柄の敵札を引く毎に敵は強くなっていき、楽器の入手確率が上がります。

『怪火(かいか)』
玉札から入手できる玉の数、敵札の戦闘に勝利して入手できる玉の数が増えます。
各ステージで最大2枚出現します。
2枚目を引いた際は入手数は4倍になります。
※ボスとの戦闘に勝利して入手できる玉には効果が適用されません。

『毒矢』
刀剣男士がダメージを受けます。

『焙烙玉』
刀装が最大で3兵、戦線から離脱します。
※札を引いたときに飛んでいく刀装は演出です。実際に離脱する刀装の数・種類とは異なります。

■戦闘について
敵札を引くと戦闘が発生します。
敵札には短刀、打刀、太刀、槍、薙刀、脇差の種類があります。
短刀、打刀、太刀、槍、薙刀は、それぞれ最大4枚まで存在し、同じ絵柄の敵札を引くと、敵が徐々に強くなります。
脇差は各ステージで1枚のみ存在しまれに引くことができます。

■戦線離脱について
刀剣男士が戦闘で重傷を負ったり、毒矢によるダメージが蓄積されると戦線離脱の状態となり、戦闘に参加できなくなります。
戦線から離脱した刀剣男士や失った刀装は、一度本丸に戻ることで再び戦闘に参加できるようになります。
※疲労度は蓄積されます。

■強制帰城について
戦闘において下記の条件となった場合、強制的に本丸へ帰城となります。
・部隊全員の戦線離脱
・部隊長の重傷
・敗北

強制的に帰城となると、入手した楽器は全て失い、玉は多くを失ってしまいます。
そのため本丸へ持ち帰る玉の数は少量となります。
※「調査道具(秘宝の里)」、「特別調査道具」を使用している場合は楽器も玉も全て持ち帰ることができます。

■途中帰城について
途中で帰城した場合、入手した玉は全て持ち帰ることができますが、入手した楽器は全て失ってしまいます。
※「調査道具(秘宝の里)」「特別調査道具」を使用している場合は楽器も全て持ち帰ることができます。

■本丸に帰城後の部隊の生存について
「秘宝の里」に出陣した部隊は本丸に帰城後、「秘宝の里」へ出陣する前の生存に戻ります。
※「特」へランクアップした場合、上昇した生存の最大値は帰城後も反映されます。
※白山吉光の「神技・治癒の力」は「秘宝の里」の戦闘中にも発動し生存の回復を行いますが、これによる回復は帰城後の生存に反映されません。

■ステージについて
各ステージの1枚目の敵札、及びボスの強さの目安は下記となります。
難易度・易………「戦国の記憶」~「武家の記憶」相当
難易度・普………「武家の記憶」~「池田屋の記憶」相当
難易度・難………「池田屋の記憶」相当
難易度・超難……「延享の記憶」相当

■玉と報酬について
下記の条件で玉を手に入れることができます。
・玉札を引く
・敵札を引き勝利する
・各ステージのボスを倒す

手に入れた玉は、本丸へ持ち帰ることで正式にその玉を受け取ったことになります。

玉を一定数集めると報酬を受け取れます。
報酬一覧についてはイベント・キャンペーン内に掲載しました『イベント「秘宝の里 ~楽器集めの段~」報酬一覧!』にてご確認ください。

■楽器と近侍曲について
敵またはボスに勝利することによりまれに楽器を入手できます。
集めた楽器は「景趣」>「楽曲入手」より「近侍曲」と交換することができます。
楽器は 笛、琴、三味線、太鼓、鈴 の5種類あり、交換する「近侍曲」により、必要数が異なります。
※今回のイベントでは笛、琴、三味線、太鼓、鈴を入手することができます。
※敵札からは笛・琴・三味線、ボス札からは太鼓・鈴が入手できます。「近侍曲」を入手することで、本丸のBGMを変更することができます。

現在55振りの近侍曲が入手可能です。
楽曲入手画面では、入手可能な近侍曲の確認・プレビュー再生が行えます。
各「近侍曲」に必要な楽器数はゲーム内楽曲入手画面よりご確認ください。
※各楽器の最大所持数は999個となっております。

■近侍曲の設定の仕方
「近侍曲」を入手すると、設定した近侍によって本丸のBGMを専用の楽曲に変更できるようになります。
楽曲の変更は、目録内の「設定」で変更可能です。
楽曲ボタンを「入」に設定し、近侍曲を入手した刀剣男士を近侍に設定することで、本丸のBGMが専用の楽曲へと変更されます。
なお、刀帳では入手した近侍曲の確認・視聴が可能です。

■イベント終了時の玉と楽器について
イベントで集めた玉は、イベント終了後に消滅します。
楽器はイベント終了時に消滅せず、所持道具として保持されます。
イベント終了後でも「近侍曲」と交換することが可能です。
交換できる「近侍曲」についてもイベント終了時に消失することはございません。

■ゲームの中断について
「秘宝の里 ~楽器集めの段~」は、意図せずゲームが中断された場合、再ログインすることで中断した箇所よりプレイ可能です。
中断状態を破棄し、本丸へ帰城することも可能です。
帰城を選択すると、ゲーム中に帰城を選択した時同様のプレイ結果が反映されます。
なお戦闘開始した後に中断した場合は、戦闘は完了し、勝利、敗北が決定した状態となります。
この時、戦闘に敗北していた場合は本丸へと移動し、戦闘結果に従って、それまでに獲得した玉と楽器が所持数に反映されます。

Published by(C)DMMゲームズ
Copyright (C)DMM.com OVERRIDE Co.,Ltd. All Rights Reserved.

最新記事

ななぱち