【World of Warships】戦艦「Musashi」の追加など大型アップデートを実装

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

World of Warshipsオンライン海戦ストラテジー「World of Warships(WoWs)」で大型アップデート0.7.0が実施され、Tier IX 戦艦「Musashi」が実装されました。また、条件を達成すると入手できる「パーソナルマーク機能」をはじめ、「トレーニングルーム」や「港カメラ」が追加されました。

戦艦「武蔵」登場!大型アップデート0.7.0実装!

全世界1億3,000万人以上の会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargamingは、本日『World of Warships』に大型アップデート0.7.0が実装されたことを『World of Warships』公式サイトにて発表致しました。

アップデート0.7.0ではTier IX 戦艦Musashi、パーソナルマーク機能、トレーニングルーム、港カメラの機能追加など、多くの新要素が追加されました。

■Tier IX 戦艦Musashi
Tier X 戦艦Yamatoの姉妹艦である Tier IX 戦艦Musashiは750,000フリーEXPを使用することで技術ツリーより研究することができます。

戦艦武蔵の歴史について興味のある方は、是非こちらのインタビュー映像もご確認ください。

■パーソナルマーク機能
ゲーム内で条件を達成したプレイヤーはパッチとエンブレムを入手することができます。
プレイヤーはパッチとエンブレムを選択することで、パーソナルマークを表示することができます。
このパーソナルマークは戦闘時に自分が撃破したプレイヤーに表示されます。
また、自分が撃破された際は、相手のパーソナルマークが表示されます。

■トレーニングルーム
任務記録レベルが15に達しているプレイヤーは、トレーニングルームを作成できるようになります。
このトレーニングルームでは、消耗品や修理等のコストがかかりません。
また、戦闘に参加する艦艇の数や艦種、マップ、そして気象条件も設定することが可能となっておりますので、ランダム戦/クラン戦向けの戦術のテストや練習をすることができます。

■港カメラ
港でのカメラ操作に新しい視点が追加されました。
今回追加された視点では、ズームアウトすることで艦艇をパノラマで見ることが可能となりました。
また、上からの視点では艦艇の輪郭を見ることもできます。

上記以外にも多くの改良や修正もございます。
アップデート 0.7.0 の詳細については特設ページをご確認ください。

(C)2012‐2015 Wargaming.net. All rights reserved.

最新記事