【World of Tanks】グラフィックの進化など「アップデート 1.0」を実装!

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)オンライン対戦アクションゲーム「World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)」で、「アップデート 1.0」が実施されました。独自開発によるグラフィックエンジンが実装され、グラフィックが大幅に進化しました。また、雪に覆われた山々に囲まれた新マップ「氷河」が追加されています。

大型アップデート「バージョン1.0」実装

全世界1億3,000万人以上の会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargaming は、本日、PC版『World of Tanks』が大型アップデートにより、バージョン1.0になった事を発表いたしました。

2013年9月に日本上陸を果たしたPC版『World of Tanks』ですが、実は4年以上が経過した昨今まで、その「バージョン」は「0.9」のままでした。それが、本日のアップデートにより、晴れてバージョン『1.0』として稼動を始めます。

今回のアップデート『World of Tanks 1.0』では、Wargamingが自社開発した新しいグラフィックエンジン、『Coreエンジン』がゲーム内に導入されます。
この『Coreエンジン』により、ゲームクライアントは大幅に最適化され、従来の物よりも、幅広い層のPCで、美麗なグラフィックを維持したまま、安定したゲームプレイを実現できるようになりました。

さらに、『World of Tanks 1.0』を記念して、PC版『World of Tanks』の日本語搭乗員ボイスのリニューアルが決定致しました。男性ボイスは置鮎龍太郎さん、女性ボイスは山口由里子さんがそれぞれ担当いたします。こちらのボイスは、現在鋭意製作中となります。
実装時期については、準備ができ次第PC版『World of Tanks』公式サイトにてご報告させていただきます。

また、今回の発表を記念して、記念トレイラーを公開いたしました。
この機会に、是非ともご視聴ください。

■PC版『World of Tanks』新日本語搭乗員ボイス制作決定記念トレイラー

■World of Tanks 1.0 概要
・Coreエンジンの導入
・29種類の現存マップがHD化
・新マップ『氷河』を実装
・ゲーム内ミュージックとサウンドのリニューアル
・新ガレージの実装

上記以外にも多くの変更やゲーム内イベントがございます。
アップデートの詳細についてはPC版『World of Tanks』公式サイトをご確認ください。

(C) 2012–2013 Wargaming.net

最新記事