【World of Tanks】敵車輛を偵察!新メカニズムを搭載した「装輪車輌」の情報

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)オンライン対戦アクションゲーム「World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)」で、新たなメカニズム「ロックオン機能」と「2つの走行モード」を搭載した「装輪車輌」が登場!高い隠蔽率を生かして敵車輛を偵察!真のアクティブスカウトで、戦場で新しい役割を発揮します。

新タイプの車輌「装輪車輌」が登場

全世界1億6,000万人以上の会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargaming は本日、PC版『World of Tanks』に登場する新タイプの車両「装輪車輌」についての情報を発表いたしました。

■新メカニズムを搭載した車輌「装輪車輌」ついに登場
PC版『World of Tanks』における2019年の最初のアップデートでは、新メカニズムを搭載した新タイプの車輌「装輪車輌」が登場いたします。これらはフランスツリーのTier Vで研究可能の車輌「AMX ELC bis」のツリーから研究可能な車輌です。

・追加される装輪車輌は下記の5輌です
​AMD Panhard 178B, Tier VI
Hotchkiss EBR, Tier VII
AML Lynx 6×6, Tier VIII
Panhard EBR 90 (mle. 64), Tier IX
Panhard EBR 105, Tier X

装輪車輌は戦場で新しい役割を発揮します。それは真のアクティブスカウトです。これらの車輌は高い隠蔽率を生かして、ターゲットに気づかれにくく接近して敵車輌を偵察することができます。

また装輪車輌にはこれまでの車輌にはない「ロックオン機能」と「2つの走行モード」という2つのメカニズムが搭載されています。

「AMD Panhard」と「Hotchkiss EBR」にはロックオン機能しか実装されていません。「AML Lynx 6×6」以降の車輌から「走行モードの変更」が行えるようになります。ドライブモードは高速の移動が可能になりますがハンドリングが難しくなります。逆にデフォルトモードはハンドリングに優れていますが、トップスピードは劣ります。

『World of Tanks』のPublishing DirectorのMaxim Chuvalovは装輪車輌の追加について次のようにコメントしています。

「これらの車輌の追加で、プレイヤーが車輌の幅を楽しみ、戦場で新しい役割をマスターすることを楽しんでもらえると期待しています。」

装輪車輌はアップデート1.4で追加される要素の一部です。これらは2月6日からゲーム内に登場いたします。

(C) 2012–2013 Wargaming.net

最新記事

ななぱち