【World of Tanks】2011年当時の「WoT」を楽しめるイベントを開催!

このエントリーを Yahoo ブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)オンライン対戦アクションゲーム「World Of Tanks(ワールド・オブ・タンクス)」で、2011年当時の「WoT」を楽しめるイベント「World of Tanks クラシック」が開催されています。国家はソ連、ドイツ、アメリカの3つのみとなり、伝説の車輌「Type 59」も使用することができます。

期間限定イベントの開催が決定!

『World of Tanks』、『World of Tanks Mercenaries』、『World of Tanks Blitz』の期間限定イベントを、3月29日(金)~4月3日(水)に実施することを発表いたしました。
 どのイベントも、プレイヤーがノスタルジックな気持ちを味わい、また、地球外での戦いを楽しみながら未来を感じることができる内容となっており、新しい季節を迎えるこの時期にぴったりです。

World of Tanks

本イベントの期間中プレイヤーは2011年に戻り、『World of Tanks クラシック』をもう一度楽しむことができます。ベテランプレイヤーはあの頃の輝かしい日々を懐かしく思い、また、新しく始めるプレイヤーは『World of Tanks』の歴史を味わうことができます。

2011年から 8年経った現在、『World of Tanks』には多くの変更が加えられました。本イベント期間中にプレイヤーが楽しむことができる『World of Tanks クラシック』の特徴は、以下の6つです。

1.国家はソ連、ドイツ、アメリカの3つのみ。そして、この時代の伝説の車輌である「Type 59」が使用可能です。
2.『World of Tanks クラシック』では、第六感が必要ありません。また自走砲にスタン能力はなく、軽戦車は履帯式のみです。
3.橋や崖から身を乗り出しても、転げ落ちることはありません。転倒することも地面から離れることもありません。大破した車輌を動かすこともできません。
4.戦闘中は敵プレイヤーと、自由にコミュニケーションを取ることができます。
5.『World of Tanks クラシック』では、上位Tier車輛の研究が今よりもずっと早く進みます。また、プレミアム車輌、迷彩、拡張パーツの費用も、時代設定に合わせてディスカウントされています。なお、『World of Tanks クラシック』でご購入いただいたものを、現バージョンの『World of Tanks』に移行することはできません。
6.本イベントは、別サーバー・別クライアントで行われますので、引き続き『World of Tanks』をプレイいただくことも可能です。

『World of Tanks クラシック』にご参加いただいた皆様には、記念として銘刻、徽章、特別スタイルをお贈りさせていただきます。この機会をぜひお見逃しなく!

World of Tanks Mercenaries

本イベントの期間中、プレイヤーは、月と火星の支配をかけて「月面戦闘モード」で戦うことができます。この「月面戦闘モード」を楽しむためには、メインメニューで「月面戦闘」を選択してください。

「月面戦闘モード」の特徴は、以下の5つとなります。
1.プレイヤーは「M24 Lunar」に搭乗し、オンラインでの7vs.7の戦車戦を低重力環境で戦うことができます。
2.500%EXPボーナス、50%搭乗員EXPボーナス、シルバーを獲得できます。
3.新マップの「ムーン・リヴァー」と「火星」で戦うことができます。
4.「月面戦闘モード」では、リスポーンが可能です。撃破されてもまた戦闘を継続できます。
5.本イベント期間中はプレミアム車輌 「Rover-237」が購入可能になります。通常のマルチプレイヤー戦で使用可能なアメリカTier VI軽戦車です。なお、「Rover-237」は、イベントモードでは使用できません。

World of Tanks Blitz

「Sentinel Challenge」と名付けられた全く新しいこのイベントの褒賞は、オーストラリアで生まれイギリスで育てられた「AC IV Sentinel」です。また、4月11日(木)~4月18日(木)に、プレイヤーはトロフィーを目指し、イベントステージの制覇を目指すことができます。トロフィーは経験値に変換され、さらに、ブースター、プレミアム・アカウント、2倍のボーナスなども用意されています。加えて、プレイヤーは特別でユニークなアイテムを手に入れることができますが、それは今後のお楽しみです。

(C) 2012–2013 Wargaming.net

最新記事

ななぱち